読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロスバイク(bianchi)カスタマイズ&ライド

クロスバイク(ビアンキ カメレオンテ4)所有、関東在住者です。自転車をカスタマイズしたレポートや、走行したコースのレビューを中心にご紹介していきます。

日本一長い自転車ロード(になるかも!) 茨城県つくばリンリンロード⇔霞ヶ浦一周ルート 合体へ!

つくばリンリンロードについて

私の住んでいる茨城県には、つくばリンリンロードと呼ばれるサイクリングコースがあります。もともと鉄道が走っていたルートが、廃線となった後に自転車ロードとして整備された物で、片道全長約40kmもあるけっこう有名なコースだそうです。f:id:kobamasa0415:20150428120332j:plain
(先日走行した時に撮ったコース図です。けっこうアバウト(笑))

このコースの良さは、もともとが鉄道ルートなだけあって、起伏が少なくカーブもほとんどない上、車も通れない“自転車専用”道路が、延々と40kmも続くという所にあります。

f:id:kobamasa0415:20150428120400j:plain
(背景に見えるのは筑波山です。一応日本100名山です。標高低いのに・・)

f:id:kobamasa0415:20150428120508j:plain
(路面は所々で痛んでいる時もありますが、全体的にこのようにきれいに舗装されています。)

長距離サイクリングコースの有名所としては、日本一はおそらくしまなみ海道ですかね。関東圏の人はなかなかそこまで行けないので、都内では荒川河川敷あたりがメジャー所かと思います。

関東周辺日帰り自転車旅ガイド サイクリングコース詳細ガイド・厳選45コース (自転車生活How to books 07)

関東周辺日帰り自転車旅ガイド サイクリングコース詳細ガイド・厳選45コース (自転車生活How to books 07)

  • 作者: 自転車生活ブックス編集部
  • 出版社/メーカー: ロコモーションパブリッシング
  • 発売日: 2009/07/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

でも都内の河川敷って人通りが意外に多く、自転車乗りにとっては人身事故のリスクが高いんです。また風もけっこう強くて、向い風が延々と続く時も多々あります。きわめつけが景観。延々と変わり映えのない河川風景・・・まぁきれいなんですけど、走っていると、「少し変化がほしいなぁ・・」なんて感じる時もしばしば。実際はボーッと風景を見てる余裕なんてないんですけどね、人にぶつかってしまうので。

一方つくばリンリンロードについて。こちらは筑波山のふもとの田園地帯を通り抜けて行くので、景観の変化に富んでいる上、コースは平たんで起伏もなく、危ない障害物はいっさいありません。おまけに人がほとんどいません!(笑)時々地元のおじいちゃん・おばあちゃんが歩いてたり、地元のヘル中君集団に遭遇したりしますが、人とぶつかる事を気にせずに、全速力で走行ができます。(地元のヘル中君集団がサイクリストにも元気に挨拶してきます。素朴で元気な中学生に癒されますョ)。
しかも、元々ローカル線の駅だった地点が、今ではサイクリスト向けの休憩ポイントにもなっていて、その付近にはサイクリスト向けのメンテショップがあったりなど、まさに自転車乗りにとってはうってつけのスポットなんです。
f:id:kobamasa0415:20150428120629j:plain
(休憩ポイントの裏には昔ながらの商店も隣接。補給に事かきません。)

f:id:kobamasa0415:20150428120659j:plain
(駅の面影がありますよね。真ん中の道が線路だった所です。)

つくばリンリンロードと霞ヶ浦サイクリングコースの合体計画

そんなつくばリンリンロードに、一大企画が持ち上がっています。それは、このリンリンロードの先にある霞ヶ浦サイクリングコースと合体させるという壮大な計画!
つくばリンリンロードは、桜川市(岩瀬)~土浦市までがコースになっていますが、このコースの終着点の少し先には日本第二位の面積を誇る霞ヶ浦があり、この霞ヶ浦には部分的にサイクリングコースがあったりします。この2つのコースを合体させることで、総距離全国1位(約220km)の巨大サイクリングコースを作ろう!という壮大な企画なんです。そしてこの企画、既に2013年から着工していて、2016年を目安に完成予定らしいのです。

 

霞ヶ浦のサイクリングコースも、もともとは北側の一部しか整備されていませんでしたが、この企画が実現すると南側を含め一周全てサイクリングコースになるらしいんです。そしてとある情報によると、近い将来この霞ヶ浦から今度はつくばまでルートが延長し、リンリンロード⇒霞ヶ浦一周⇒つくば⇒リンリンロードという、総距離ぶっちぎりで日本一かつ、どのルートも平たんで走りやすい!という恐るべきコースが誕生する計画も持ち上がっているんです。

(関連リンク)サイクルスポーツ.JP「リンリンロードと霞ヶ浦が一体化!」

 

そしてリンリンロードの途中には筑波山がありますが、実は筑波山ではヒルクライムの大会が毎年行われており、そのコースへリンリンロードから入っていくことも出来るのです。

(関連リンク)ツールド・つくば

 

平たんな道でスピード走行もできる上、気分次第でヒルクライムにも行けてしまうという、なんとも贅沢なコースがこのリンリンロードなんです。
リンリンロードについてのレビューはまとめ中ですので、詳細は近いうちに公開いたします。全コースのポイントの説明や、走行動画(GoProで撮影)も掲載する予定です。お楽しみに!

 桜が舞う季節のリンリンロードレポート

(後日追記しました。)
桜が満開の4月4日(日)にリンリンロード付近を車で通りがかったので、写真を撮ってきました。リンリンロードの中間地点にあるつくば市北条地区には、桜並木が延々と続くポイントがあります。桜のトンネルを抜けているみたいで、サイクリングやマラソンをしている人たちはとても気持ちよさそうでした。f:id:kobamasa0415:20150428120748j:plain

f:id:kobamasa0415:20150428120812j:plain

北条地区は昔ながらの城下町の名残が残り、趣のある街並みが特徴です。平沢官衙(ひらさわかんが)遺跡の隣の北条池の桜もとてもきれです。リンリンロード沿いにはエリアマップも掲示されています。
f:id:kobamasa0415:20150428120830j:plain

地図の右側にある北条池のすぐ先から、筑波山ヒルクライムへ入っていくことができます。この日もたくさんのロードバイカーが勾配を走り抜けていました。
桜満開の中を走るには、桜の咲き具合と天候と自分のスケジュールが合わないと実現できません。今日はあいにくの曇りでしたが、桜はほぼ満開でした。みんな気持ちよさそうに走っていました。

f:id:kobamasa0415:20150428120851j:plain

筑波山の中腹には温泉もたくさんあります。
一汗かいたら温泉につかって、のんびりと下って帰るというコースも良いですよね。
車を駐車できるポイントもたくさんあるので、いろんなコースを組み立てられるのも、このコースの魅力でもあります。

そんなつくばリンリンロード、機会があればぜひみなさん一度走ってみてください。とっても気持ちいいですよ!